フランチャイズに住宅建築を依頼するメリットとは?

大手の信頼性を持つ地元密着業者

フランチャイズといえば、コンビニエンスストアやファストフード店のように、大手企業のブランドの店舗を個人や中小企業が運営する業態のことですね。消費者から見れば、大手企業の名前が付いているので信頼できますし、全国または広い地域で同じサービスを購入できるというメリットがあります。

実は、住宅業界にもフランチャイズ制度が存在します。本部が運営するブランドの名前で営業し、建築資材やノウハウを提供してもらう代わりに、利益の一部を支払うという方式です。小さな工務店にとっては、大手住宅メーカーのネームバリューを活かしつつコスト削減できるメリットがありますし、本部側としても、自社のブランドを全国に浸透させられるのです。

フランチャイズで住宅建築する利点

工務店とフランチャイズ本部だけではなく、家を建てたいと考える消費者にとっても、この形式には大きなメリットがあります。地域の実情を反映しつつ、全国レベルの住宅建築を任せられるためです。

たとえば、海に近い地域では塩害に気を付けなければなりませんし、内陸部でも地盤が安定しているかどうかを調査する必要があります。大手の住宅メーカーといえども地域の特性を正確に把握することは簡単ではないのですが、住宅建築フランチャイズは地元の工務店ですから、このような地域事情を考慮して住宅建築を行えるのです。

一方で、地元工務店は建築資材を大量に仕入れられず価格が上がりがちですし、時代に合ったデザインを提供できるとは言い切れません。しかし大手とフランチャイズ契約することで大量仕入れと最新情報の入手が可能となり、どの地域でもレベルが高い住宅建築ができます。

建て売り住宅で安く、月々の支払いが家賃並みで購入できる、住宅のフランチャイズが安心で新築としても魅力的です。