リバブレーションチャンバーの意義と魅力!

性能を評価するのにとても重要!

リバブレーションチャンバーは実反射環境を構築できるシミュレーターのことです。スマートフォンなどは無線を使いながらデータのやり取りをしています。新機種を開発するときには、その開発途中の機種に内臓されている無線アンテナが正常に機能するのかをテストする必要があります。当該機種に含まれている無線機用テスターとリバブレーションチャンバーを一緒に使用すればて、その性能を評価することができます。このように、優れたスマートフォンや携帯電話などを開発する上で必要不可欠なものになっています。

リバブレーションチャンバーの魅力!

リバブレーションチャンバーが登場する前は実反射環境を作ることが難しかった状況でした。大規模な専用な設備が必要になったり、大企業しかそのような施設を作ることができず、小規模な企業が参入できない状況でした。しかしながら、リバブレーションチャンバーが開発されてからは状況が変わりました。つまり、低価格、高性能、小型化が進み、非常に利用しやすくなりました。現在ではオフィスであっても無線アンテナの性能検査が可能です。また、無線端末の多様化に対応して、多角的な検査もできるように多くの機能が備わるようにもなっています。たとえば、総放射電力の数値や双方向性受信感度などでもリバブレーションチャンバーを利用しています。リバブレーションチャンバーは再現性の精度も高くなってきていて、今後も実反射環境が求められる機器には利用され続けるでしょう。

リバブレーションチャンバーは、便利な生活のために必要不可欠です。効率性を大きくアップさせてくれる役割を持っています。