パソコン作業やデスクワークのせいで肩こりがつらい!

現代の日本社会の職業病?!

現代の日本社会ではパソコン作業やデスクワークを一日中続けている人がたくさんいます。人によっては昼休みやトイレ休憩ぐらいでしかデスクから離れることがなく、延々とパソコンに向かっている人もいるのではないでしょうか。このように一日中座りっぱなしでパソコン画面を見つめていると、時間が経つにつれてどうしても姿勢が前傾姿勢になってしまいます。前傾姿勢になると首と肩が前に突き出て、肩甲骨が背中にピタリと張り付いた状態になってしまいます。肩甲骨が背中に張り付いて可動域が狭くなってしまうと、肩甲骨周辺の筋肉が硬直し始め、毛細血管が圧迫されて肩周辺が血行不良になってしまいます。このような状態を何日も続けていると、肩甲骨や肩周辺の筋肉はカチカチに硬直してしまい、ひどい肩こりになってしまいます。たかが肩こりと軽く見ていてはいけません。肩こりも悪化すれば、頭痛や吐き気などの症状を引き起こす可能性があるのです。

整骨院で肩甲骨周辺の筋肉をほぐしてもらおう!

パソコン作業やデスクワークのし過ぎで肩周辺に違和感を感じ始めたら、整骨院に言って肩甲骨周辺の筋肉をマッサージでほぐしてもらうようにしましょう。できれば仕事時間を減らすことが最も理想的ですが、定期的にマッサージを受けることも肩こり予防にはとても効果的です。肩甲骨周辺の筋肉の硬直が緩和されれば、肩周辺の血行も良くなり、肩こり予防にも繋がります。できるだけ疲れを蓄積させすぎないようにして、少なくても月に一回程度は通院することがお勧めです。

名古屋の整骨院が増加しています。住宅地や駅ビルなど、さまざまな場所に次々と店舗がオープンしています。