BCP対策ってなに?知らないと損をするので知っておこう

トラブルのための対策をする作業

経営していると予期せぬトラブルに見舞われる事がありますよね。そうなると事業の継続ができなくなる可能性もあるのです。特に多くの顧客情報を扱う企業にとって大事なことであって、もし顧客情報を流出してしまうと大変といえます。そういう事態に備えるのがBCP対策であって、これは事業継続対策とも呼ばれているのです。緊急事態に備えるために会社内に専門チームを作ります。そうすることで迅速に対応できるため、トラブル発生時もスピーディーな解決が見込めるのです。最もポピュラーなものとして分散化がありますが、これは各拠点に対策部を設置します。コストはかかりますが発生地域に素早く対応できるメリットを持つのです。

通信インフラのメリットを理解しよう

普通電話は緊急時になると繋がりにくくなってしまいます。特に災害が起きたときに機能が安定しないので、通信機能復旧まで時間がかかるのです。そういうときに活躍するのが通信インフラであって、転送電話を使用します。電話の通信網を利用するのではなく、インターネット回線を利用して行うのです。電話だと通信規制がかかりますが、インターネット回線なら問題なく使えますよ。実際災害時にインターネット回線を利用した電話が利用できた事例もあるくらいです。またインターネット回線を使った電話は距離に関係なくコストが一律となっています。地震大国日本だと最も重要なBCP対策が通信インフラと言えるでしょう。理にかなったサービスなので導入してみると良いです。

BCP対策とは、企業が様々な緊急事態に際して最低限の業務を行いながら、通常体制への早期復旧を実現するための手順をまとめた物のことです。