地デジ用のアンテナにはいろいろなタイプがある!?

自分でも手軽に設置できる室内型

離れを増築したけれどアンテナ線の引き込みをしなかった、アンテナの配線をしていない部屋でもテレビが見たくなったなど、住まい方が変わるとアンテナが必要な部屋も増えます。

アンテナ工事は高額で大掛かりだから、できるだけ安価で手軽にテレビが見れるようにしたい方におすすめのアンテナが室内設置型のアンテナです。屋根に設置するアンテナに比べると受信状態は落ちますが、ちょっとテレビを見たい程度なら問題なく視聴できます。

オーソドックスな昔ながらのアンテナ

従来と同じ、骨状の形をした屋根に据え付けるタイプのアンテナです。価格はリーズナブルですが、安定した電波の受信ができます。新しいアンテナは受信精度が上がっているだけでなく、形状もコンパクト化しています。

もし、電波の受信状態が悪くてノイズが出やすい場合は、いま設置しているアンテナが古いせいかもしれません。何十年も前のアンテナを使っているようなら、一度、アンテナを見てもらう方がいいでしょう。最新式のアンテナに変えることで、受信状況が改善させる可能性があります。

外壁に取り付けるスマートなボックスタイプ

最近は、一見アンテナに見えないスマートなボックス形状のアンテナもあります。屋根の上ではなく外壁に取り付けるタイプで、見た目もさり気なくメンテナンスもしやすいといったメリットがあります。地デジ化により、このボックスタイプのアンテナが登場しました。壁面でも安定した電波の受信が可能となったからです。

アンテナの価格はやや高めですが、アンテナ取り付けは本体だけでなく工事費も高額ですから、長い目で考えれば必ずしも高いとは言えません。新築で新しくアンテナ工事が必要な方には、見た目がスマートで落雷の心配もないボックスタイプがおすすめです。

テレビを見るにはテレビの電源をつけただけではうつりません。アンテナを電波を発している方向に向けるなどアンテナ工事をして、テレビを見る事が出来ます。素人が行うのは危険をともないます。