CADの導入を検討中の方必見!CADのメリット!

CADってなに?何ができるの?

CADとはcomputer-aided designの略であり、設計支援ツールのことを言います。

一昔前までは手書きでドラフターを使用し一本の線を引くのにも神経を使い苦労していましたが

CADを使用するとクリックと数値入力のみで無限線が一瞬にして描けてしまいます。

図面の修正、同じ図形を複数記入する反復作業も手書きより簡単に行えるのが特徴です。

手書きとCADのメリットは?

CADを使用するメリットは圧倒的な便利さです。

一方で手書きでの製図のメリットは設計の際にコンピュータの表現の限界にとどまらずに無限にアイディアを表現できることにあります。CADから設計をはじめた設計者の中には形状を思い浮かべただけで、CADの限界をパパパッと頭の中に思い浮かべてCADの限界を設計の限界にしてしまう人も多いのではないでしょうか?確かに自由度の高い形状を描けるという意味では手書きに勝るものはありませんが、技術の開発も日進月歩でCADがカバーできる形状もどんどんと増えており、何よりCADを使用すると骨の折れる反復作業を一瞬で終わらせることができます。

CAD導入を決めたら

CADと一口に言っても色々な種類があります。例えば機械、建築、土木、電気、服飾などそれぞれの業界に特化しているCAD、その中でも2次元と3次元の差。

また大切なのが自分や自社の取引先とのデータの互換性も考慮しないといけません。従って導入を検討する際は価格だけではなく自分のワークフィールドを考慮して選ぶ必要があります。

電気CADとは、電気設計に特化したCADのことを指します。制御盤や配電盤などのパーツを配置しながら設計することで設計工数の低減を図っています。